東京都の空き家管理サービス|空き家管理費用比較君

東京都対応の空き家管理代行業者一覧

有限会社日衛サービス
空き家を放置することによる危険は多くあります。主に犯罪被害や環境被害などが考えられます。景観を損ない、近隣へ悪影響を及ぼすものは特定空き家に指定され、強制解体の対象ともなります。誰も住んでいない住宅では、害虫が近隣に被害をもたらす可能性もあります。有限会社日衛サービスは、住宅に住み着く様々な害虫を駆除してくれます。これまでの駆除経験を活かし、空き家の隅々まで調べて発見してくれます。また、空き家に悪影響を及ぼす害獣駆除にも特化しています。そのため長期間出張するという方も相談しやすくなっています。有限会社日衛サービスは、住み着いた害虫が近隣に被害を与えることを、未然に防ぐための相談が可能です。
街の便利屋サンライフ
定期的な掃除や草むしり、室内の風通しなど、空き家の管理には人手が必要になりがちです。空き家とご自宅が遠く離れている場合や、長期にわたって管理を行わなければならない場合もあり、お忙しい中時間を割くことがなかなか出来ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。街の便利屋サンライフは、空き家管理の諸々を請け負う会社です。便利屋ならではのフットワークの軽さで、不用品の整理からクリーニングや庭木の剪定など、お客様のお悩みに合わせた管理プランを提供しています。空き家管理のノウハウを持ったスペシャリストたちが、忙殺されがちな空き家の管理を幅広くサポートしてくれます。
株式会社青葉宅建
掃除や片づけ、庭木の剪定に草刈りなど、空き家の管理はやるべきことが多く、手間と時間が割かれがちです。かと言って何も手入れをしないでいると、今度は家屋の劣化や衛生状況の悪化など、家はおろか周辺地域に波及するトラブルが発生しかねません。虫や動物のねぐらになるほか、不法侵入者が勝手に住み着いていたというケースもあるようです。株式会社青葉宅建は、空き家に不可欠な維持管理を行う会社です。さらに、不動産会社ならではの、リロケーションや賃貸管理などの空き家を活用するサービスも取り扱っています。不動産管理のプロフェッショナルが、大切な資産であるお家を綺麗に保ち、運用するお手伝いをしてくれます。

東京都の空き家管理費用を比較

東京都で空き家の管理方法にお悩みの方は、空き家をそのまま管理することも1つの考えだと思いますが、東京都は人口の多くが集まっている場所なので、土地活用を考えてみるのはいかがでしょうか。それぞれの費用を比較してみましょう。

空き家を管理する目的と必用になる費用

空き家を管理する目的は、建物をきれいな状態で保つこと、家の周りの景観を壊さないことがメインです。自分できちんと管理できていれば費用も安くて済みますが、空き家までの移動やお手入れの時間が必要になることを忘れてはいけません。

空き家の管理は予想以上に大変でついつい期間をあけてしまいがちです。それにより家の劣化が急激進んでしまうこともあるので注意しましょう。
東京に空き家を所持している場合、「活用する」という選択肢も生まれますが、家が傷んでいるとリフォームやリノベーションが必要になり、余計な費用がかかってしまいます。

一方空き家管理代行業者を利用した場合、月々の管理費は必要になりますが、業者による細やかなチェックを受けられますし、月に1回は必ず点検していますので、建物の異常にもすぐ気づきます。

空き家の維持管理には、意外とお金がかかるので「費用をなるべくおさえたい」と考えると思いますが、きちんと管理を続けていくことも考えていかなければいけません。

空き家管理代行業者を利用したときに掛かる費用と作業内容

1か月の空き家管理費用 1年間で必要な空き家費用
戸建て住宅 8,000円 8,000円×12か月=96,000円
マンション 5,000円 5,000円×12か月=60,000円

※家の修繕・伐採・剪定など追加作業がなかった場合
※点検・見回りの頻度は1回/月

空き家の活用までに必要になる費用

空き家をそのまま活用する(活用方法と活用までの費用)
空き家をそのまま活用する場合は、賃貸などの方法があります。
空き家から賃貸にするためには、家の状態を人が住めるようにしなければならないので、状態が悪いときはリフォームする必要があります。またより良い環境にするためにリノベーションするのもよいでしょう。また、入居者が見つかるまでは「空き家」と同じ状態ですので、部屋が傷まないように管理を続ける必要があります。
空き家を解体して活用する(活用方法と活用までの費用)
空き家の状態が悪く、リフォームやリノベーションすると多額の費用がかかってしまう場合は、空き家を解体し更地にして活用する方法があります。更地にすると駐車場や貸倉庫などの活用ができます。その際にかかる費用は、空き家を解体する費用と解体で出たごみの処理費、駐車場などにするための整地費や設備費などがかかります。
また、更地にすることで固定資産税の減額が受けられなくなるので、更地にする前には活用の計画をしっかりたてておきましょう。

空き家の活用と処分の比較

空き家は管理してそのまま持ち家として残していくか、賃貸として貸し出す、または解体して土地を活用する方法があります。
どの方法を取るのが良いのかは下のポイントを参考に決めましょう。

  • 空き家をどうしたいか考える
  • 空き家の築年数や耐久年数、状態から考える
  • 空き家を維持する能力が自分にあるか考える

空き家に何か思い入れがあり、人に貸すことも売ることもできない場合は、空き家として管理していくのがよいでしょう。そのときは無理に自分ですべてやる必要はないので、空き家管理代行業者を利用するなど、自分に合った管理方法をしましょう。

東京都の空き家件数と特定空家に指定されないための対策

東京都の空き家数は、平成25年度の土地統計調査によると817,200戸と全国1位となっております。ですが、東京都内の空き家の数を戸数で割った場合、空き家率は10.8%と全国42位になります。東京都は人口が多いため、それだけ空き家の数が増えてしまうのです。内訳としては、空き家のうち、約60万戸は賃貸用であり、平成20年より10万戸以上が増加しています。一方で、長期不在・取り壊し予定の空き家は平成20年と比べて減少傾向にありますが、約15万戸が存在しています。東京都都市整備局は、空き家の適正管理及び利活用等の推進、空き家対策の実施主体である区市町村に対し、自治体同士の取り組みの情報共有や専門知識の提供等による技術支援を図ると共に、空き家対策における課題解決に向けた共同検討を行うため、東京都空き家対策連絡協議会を設置しました。相続等で発生した空き家の売却・賃貸・適正管理等を図るための費用の一部を補助したり、不動産・建築・法律等の専門家団体等と協力・連携して相談窓口を設置したりと、空き家問題の解消に取り組んでいます。また、各区市町村が取り組む空き家実態調査や空き家対策計画の作成、空き家の改修・除却、専門家を活用した空き家相談体制整備への補助等を支援するための予算も組んでいます。空き家は自分以外に影響はないと侮ることはできません。放置することで、倒壊事故や屋根材等の飛散事故が発生する危険性があります。また、敷地内から繁茂した雑草が隣地や道路にも広がったり、ゴミの不法投棄がされたりと、近隣の環境悪化を招きます。さらには放火や不審者の不法侵入・不法滞在等、空き家が犯罪の温床となる可能性もあります。以上のことから犯罪率が増加し、地域活力が低下していきます。空き家問題は、地域全体に関わるものなのです。特定空き家に指定されてしまうと、行政からの指導や勧告が入ります。それらを無視した場合、行政が強制的に空き家を撤去し、かかった費用を物件の所有者に請求する「代執行」の措置がとられることになります。空き家管理費用比較君は、インターネットから簡単に見積りを比較検討可能なため有効な特定空き家対策手段と言えます。

空き家管理費用比較君の東京都地域における対応エリアについて

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江藤区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 練馬区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 八王子市
  • 立川市
  • 武蔵野市
  • 三鷹市
  • 青梅市
  • 府中市
  • 昭島市
  • 調布市
  • 町田市
  • 小金井市
  • 小平市
  • 日野市
  • 東村山市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 福生市
  • 狛江市
  • 東大和市
  • 清瀬市
  • 東久留米市
  • 武蔵村山市
  • 多摩市
  • 稲城市
  • 羽村市
  • あきる野市
  • 西東京市
  • 大島町
  • 利島村
  • 新島村
  • 神津島村
  • 三宅島三宅村
  • 御蔵島村
  • 八丈島八丈町
  • 青ヶ島村
  • 小笠原村

お見積り依頼が多いエリア

空き家管理費用比較君では、日本全国さまざまなエリアより空き家管理費用お見積りのご依頼をいただいております。お客様のお住まいの地域の空き家管理費用をご参考ください。

空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択