京都府の空き家管理サービス|空き家管理費用比較君

京都府対応の空き家管理代行業者一覧

庭義
空き家管理は住宅の内部だけではなく、お庭の手入れも重要です。伸び放題の庭木が近隣に迷惑をかけてしまうと、トラブルのもとになります。また、放置された庭木は犯罪被害の対象ともなります。放火や不法侵入などの危険性があり、伐採するのも有効な選択肢です。庭義は、数々の施工実績をもとにお客様の希望に幅広く対応可能な技術を取得しています。重機や高所作業車が入れない場所でも、独自の特殊技術で対応が可能です。常に安全面に配慮して作業を行うため、空き家のお庭は安心してまかせることができます。遠方の空き家の庭の手入れについても相談に乗ってくれます。
株式会社エルハウジング
空き家を賃貸として活用する前には、リフォームをする必要があります。しっかり手入れをしていても、意外に大掛かりな修繕が必要になることもあります。株式会社エルハウジングは、部分的なリフォームから全体のリフォームまで幅広く対応している会社です。お客様相談時にも、必ず2名の担当サポートをつけてくれます。徹底した調査で修繕が必要な箇所を見落とさずにチェックしてくれます。放置された空き家は老朽化が早くなります。株式会社エルハウジングは、部分的な補修も行っています。空き家が資産価値を落とす原因となる壁やフローリングなどを、良い状態に保つために相談できます。

京都府の空き家管理費用を比較

京都府の空き家は全家屋の12パーセントを超えるといわれています。そんな京都府で空き家管理を自分で行っている方で何かお困りなことはありませんか。自分での管理が難しくなった、何か活用できる方法はないかなどさまざまなお悩みがあることでしょう。そんな悩みを解決してくれるかもしれない空き家管理代理業者をご存知ですか。空き家管理を代わりに行ってくれる業者です。自分で管理するのと任せるのではどういった費用の差が出るのでしょうか。

自分で空き家を管理したときの手間と費用

空き家までの移動
空き家が住んでいる場所から遠い場合は、空き家に行くだけでも一苦労です。ある程度時間が取れないといけないこともネックになります。また移動するための費用もかかります。
空き家の管理作業
空き家の管理作業はやることが予想よりも多いです。そのため何度か行くうちに億劫になることもあります。また庭がある空き家の場合は、庭の手入れも作業内容に増えるので、丸1日空き家管理作業に費やすこともあります。

このほかにも掃除するための道具を揃えるための費用や、何か問題が起きたときの対処など大変な作業が多くあります。そのため空き家の管理を代行業者に任せることも考えてみましょう。

空き家管理代行業者を利用したときに掛かる費用

1か月の空き家管理費用 1年間で必要な空き家費用
戸建て住宅 8,000円 8,000円×12か月=96,000円
マンション 5,000円 5,000円×12か月=60,000円

※家の修繕・伐採・剪定など追加作業がなかった場合
※点検・見回りの頻度は1回/月

空き家管理代行業者が行う基本的な作業

  • 室内の換気、通風
  • 水道の通水
  • 家の異常点検
  • 庭の点検
  • 敷地内の点検
  • 簡単な掃除

他にもオプションをつけることでより手厚く管理することもできます。空き家の管理費用と相談しながら、あなたが満足できるプランを探してみましょう。

また、下記のような作業は別途費用が必要になるケースが多いのです。事前にどこまでは無料でどこまでが有料なのか確認しておくとよいでしょう。

基本料金のほかに追加料金が発生する作業例

建物の修復
建物の点検をしたときに外壁にヒビが入っていたり、雨漏りがあったりした場合は、所有者へ報告後修復するか決めてもらいます。修復する場合は追加料金が発生します。
庭木などの手入れ
家に人がいなくても植物は育っていきます。そのため庭の確認をしたときに敷地外に庭木が出ているときや、雑草が伸びすぎているときは、伐採や除草を行います。この作業も追加料金が発生します。
その他被害の対処
シロアリなどの害虫やネズミなどの害獣による被害がある場合は、対処しなければ家が腐ってしまう恐れがあるので、早急な対処が必要です。この対処も追加料金が発生します。

費用だけに注目すると思わぬ落とし穴も

空き家管理を自分で行えば、管理代理業者費用はいりません。しかし費用面以外から見てみるとどうでしょうか。空き家が遠方にある場合は、移動する手間があります。空き家での作業も楽なものではありません。また何か起こったときの対処も自分で行うことを考えると、労力や体力面からみると厳しいものがあります。費用面と体力面を比較し、どちらを選ぶか考えるのもいい比較方法です。

京都府の空き家件数と特定空家に指定されないための対策

総務省の最新の統計調査によると、京都府では平成25年時点で約175,000戸以上の空き家が存在します。そのうち別荘など普段は住む人がいないながらも保有されている住宅を除いた、『用途のない空き家』が京都府内の全家屋に占める割合は12%を超えると言われています。古都とも呼ばれる京都府では、歴史ある住宅街を囲むように都市の新興住宅が密集しています。長く暮らす方の多い土地柄か、全国平均をわずかに下回るものの、やはり空き家率は増加傾向にあるようです。長期間空き家を放置してしまうと、所属している自治体から「特定空家」の指定を受ける可能性があります。特定空家とは、管理をしなければ周辺地域に著しく迷惑をかける可能性のある家屋のことです。具体的な要件としては、まず建物の劣化や破損が進んでおり、このまま対策せずに放置されていると倒壊など保安上の危険があると考えられる物件。人の管理がないことによって害虫や害獣が繁殖しているなど、衛生環境が悪化している物件。雑草などで荒れ放題になっていて、周辺の美観を著しく損なうと思われる物件。不法侵入などが横行し、地域の治安を脅かすと懸念されている物件などが挙げられます。自治体によって特定空家に指定されてしまうと、さまざまなデメリットが発生することがあります。まず、土地に対して支払うべき固定資産税の金額が大きく跳ね上がる可能性があります。土地の固定資産税は、そこに家屋が建てられている場合、税額が最大で1/6にまで控除されるという特例措置があるのですが、対象家屋が特定空家に指定された場合、その土地を特例から除外するとされています。また、周辺の居住環境に著しく害を及ぼす建築物に対しては、行政機関から対策と改善の指導を受けることもあります。この指導を何度も無視、あるいは拒否し、行政から改善が見込めないとされた場合、強制的に取り壊しを実施される可能性があり、その際の費用は空き家の所有者に請求されることとなります。このように、空き家を管理せず放置しておくことには金銭的にも法的にもいろいろなリスクが発生しうるため、特定空家に指定されない対策として、定期的に手入れを行って人の住める状態にしておくことは非常に重要になります。手間も時間もかかりがちな空き家の管理は、当サイトで複数管理会社の見積りを比較できます。

空き家管理費用比較君の京都府地域における対応エリアについて

  • 京都市北区
  • 京都市上京区
  • 京都市左京区
  • 京都市中京区
  • 京都市東山区
  • 京都市南区
  • 京都市右京区
  • 京都市伏見区
  • 京都市山科区
  • 京都市西京区
  • 福知山市
  • 舞鶴市
  • 綾部市
  • 宇治市
  • 宮津市
  • 亀岡市
  • 城陽市
  • 向日市
  • 長岡京市
  • 八幡市
  • 京田辺市
  • 京丹後市南丹市
  • 木津川市

お見積り依頼が多いエリア

空き家管理費用比較君では、日本全国さまざまなエリアより空き家管理費用お見積りのご依頼をいただいております。お客様のお住まいの地域の空き家管理費用をご参考ください。

空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択