山梨県対応の空き家管理代行業者一覧

YSリサイクル
空き家の管理は建物の状態をチェックする以外にも、庭の草むしりや伐採・剪定など体力を使う作業も多いです。また、高齢者が住んでいた家が空き家になる場合、元々手入れが行き届いていないケースもあります。庭や家周りの手入れが行き届いていなければ、害虫や害獣の発生や不法投棄といったトラブルを促すため、適切な管理が必要です。
YSリサイクルは、通常の空き家管理業務に加えて、重機を使った大掛かりな作業も得意としています。大きな樹木の伐採や高所作業車が必要になる剪定についても相談できる心強い会社です。
総合サービス
突然の災害により、空き家が被害に見舞われることも考えられます。その場合は早急に修繕しなければトラブルの原因ともなります。総合サービスは、お住まいのお困りごとに幅広く対応しています。修繕はもちろん、リフォームから定期的なメンテナンスまで空き家に関する悩みを相談することが可能です。住宅の資産価値を保つためには掃除だけではなく、壁紙交換や水回り部品の交換も必要です。賃貸として活用する場合は、防犯性能の高い鍵への交換や、住宅周りの環境も整えることが重要です。多くの施工事例があり、住宅のスペシャリストとも言える総合サービスは、空き家管理のなんでも相談できる会社と言えます。

山梨県の空き家件数と特定空家に指定されないための対策

総務省が5年ごとに調査を行う住宅・土地統計調査において、平成25年に行われた調査結果によりますと、山梨県にはおよそ93,000戸の空き家が存在しているといわれています。空き家の数でいえば国内でもそう多い方というわけではないのですが、特筆すべきは約22%という空き家の割合であり、別荘や別宅などを除いた完全に居住者のいない空き家だけを抽出した場合でも、約17.2%と双方ともに非常に高い空き家率をマークしています。空き家率が17%を上回る地域は全国的に見ても山梨県のみであり、他県が16%台に留まっているのに対して大きく水を開けて国内トップとなる数字です。空き家が増加しているのは全国的に見られる傾向ですが、なかでも山梨県が特に空き家率を増やしている背景には、やはり少子高齢化による一戸建ての需要減少が大きく影響していると思われます。また山梨県は地理的にも都心部から遠くはなく、近隣都市へ人口が流出しやすいため、宅地への居住者が増えにくいのではないかとも言われています。新しく宅地に住む人が増えず、以前より住んでいた方々が高齢化により病院へ入院したり、高齢者介護施設へ入居するなどして、管理者不在となったまま空き家と化してしまうケースが多数報告されています。しかし、空き家となってしまった家屋をそのままにしておくことは大きな問題へとつながる可能性をはらんでいます。人が住まない家は朽ち果てやすいとよく言われますが、実際に誰も管理しなくなった空き家は劣化の進行が早いです。風通しの途絶えた家屋には湿気がこもりやすく、湿気対策を怠ればカビや腐敗などにより建物を傷めがちです。経年劣化とカビ腐敗で耐久性の落ちた建築物には倒壊の危険も懸念されます。また、手入れのされていない庭には雑草が繁茂しやすく、害虫や小動物が繁殖する温床となることもなります。さらに、人の出入りが長期にわたってない家屋の場合、不法侵入した不審者がそのまま住み着いてしまうといったケースもあり、地域の治安を著しく脅かす原因となる可能性があります。そうした周辺地域への被害が予想される家屋への対策として、自治体が「特定空家」に認定することがあります。特定空家に認定されてしまうと、土地に対する固定資産税の特例措置から除外されて、最大で支払う税金が6倍にまで跳ね上がる場合があり、経済的にも高いリスクを所有者が負うことになる可能性があります。特定家屋の認定を回避するためにも、定期的な管理を怠らず、周囲に影響を及ぼさないよう対策を施しておくことが大切です。

空き家管理費用比較君の山梨県地域における対応エリアについて

  • 甲府市
  • 富士吉田市
  • 山梨市
  • 大月市
  • 韮崎市
  • 南アルプス市
  • 北杜市
  • 甲斐市
  • 笛吹市
  • 上野原市
  • 甲州市
  • 中央市

お見積り依頼が多いエリア

空き家管理費用比較君では、日本全国さまざまなエリアより空き家管理費用お見積りのご依頼をいただいております。お客様のお住まいの地域の空き家管理費用をご参考ください。

空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択