札幌市対応の空き家管理代行業者一覧

有限会社チョイス
空き家を所有しているがどうしたらいいかわからない、という人もいるはず。特に雪の降る地域では積雪などでも建物はダメージを受けてしまいます。とりあえず放置はしておけないのでメンテナンスだけはしないと…という方の味方になってくれるのが有限会社チョイス。建物の修繕などだけでなく、リフォームや増改築、売却の相談にも乗ってもらえます。資産価値を下げずに次につなげるための管理についてしっかり対応をしてもらえるのが嬉しいポイント。空き家は所有しているだけで固定資産税もかかってしまうため負担を増やさず上手く活用したいところ。不動産事業に関する経験も豊富なので頼りになるはず。

札幌市が行っている空き家に対する対策と管理の重要性

平成25年の統計調べで、北海道の住宅総数2,746,400のうち388,200が空き家となっています。空き家率としては14.13%となりました。空き家数だけで見ると全国5位となっています。この数字から、最高気温が低い北海道では劣化した住宅に重要がなく、売却できずに放置された住宅が多いことが分かります。新築で空調設備が整った住宅が求められ、中古住宅の需要を高めるにはリフォームにより室の高い住宅を揃えることが必要です。さらに空き家率は全国平均を上回っており広大な面積に対して数が多いと見受けられます。北海道では、まず空き家の事態を調査し把握することを掲げています。札幌市の現状調査では、空き家の大部分は共同住宅であることが判明しました。そのうち賃貸や売却用が8割、それ以外は放置されたものや、老朽化し特定空き家の指定を受ける恐れがある住宅です。マンションやアパートなどは、リフォームできない場合があります。修繕できなければ住宅環境も整備できず、価値が下がっていく一方です。共同住宅が放置される傾向にあるのは、そういったことが理由だと考えられます。それを受けて札幌市は、市民アンケートを実施し所有者の当事者意識を高める対策を行っています。誰にとっても、無関係なことではないと意識を高めています。また、札幌市内では中古物件は需要がなく売却が困難だと言われています。賃貸としての活用も、大がかりなリフォームが必要になることもあり敬遠されがちです。解体することを避ける理由の多くは、費用や固定資産税の問題にあります。住宅を解体し更地にすると、固定資産税が上がり土地の所有者に負担がかかります。そこで市がさらなる対策として行っているのが、住宅流通の促進です。管理放棄された空き家周囲に悪影響を与える可能性がありますが、一方で貴重な資源としても活用が可能です。そのため空き家の流通を促進し、活用できる機会を増やしています。新たな持ち主が現れれば、自然に空き家数が減少し特定空き家の抑制につながります。住居者がいない住宅は老朽化を早めます。資産価値の低下を防ぐために、短期間の出張であってもしっかり管理することが大切です。遠方にお住まいの場合は、住宅周りにも対策が必要です。定期的に状態を確認できないと、近隣に被害を与えていることにも気づきません。知らぬうちに管理不足の警告を受ける可能性もあるため、定期的に空き家を管理することが重要になってきます。最適な管理会社は、複数の業者を比較することが大切です。

お見積り依頼が多いエリア

空き家管理費用比較君では、日本全国さまざまなエリアより空き家管理費用お見積りのご依頼をいただいております。お客様のお住まいの地域の空き家管理費用をご参考ください。

空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択