空き家をリノベーションする目的とメリット|空き家管理代行サービスを30秒で一括比較│空き家管理費用比較君
2017年11月24日

空き家をリノベーションする目的とメリット

空き家をリノベーションする目的とメリット

 

今まで住んでいた家が空き家になり誰からも必要とされなくなってしまった場合、その物件をどのようにすれば良いかご存知でしょうか?空き家になったからと言ってその物件の必要性がなくなったというわけではありません。


近年、リノベーションという言葉を耳にすることが増えてきました。建築物の性能を向上させる工事のことをさします。空き家をリノベーションすることで物件の価値が上がり、新たに需要が生まれるようになります。今回は、リノベーションの意味やメリットについてご紹介します。リノベーションの意味や必要性を理解することが、今まで処理に悩んでいた空き家をよりよく生まれ変わらせる足がかりとなります。





空き家をリノベーションする目的

空き家をリノベーションする目的は、住まいの性能を向上させることです。間取りやデザインの変更も自由にできるため、理想の住まいを思うままに作ることができます。築年数の長い古い家も生まれ変わり、住むだけでなく売却や賃貸としても利用できるようになります。


家屋は、たとえ誰も住んでいない場合でも、固定資産税などの維持費を負担しなくてはいけません。リノベーションすることで物件が新しくなると、買い手や借り手が見つかりやすくなります。一戸建ての家をシェアハウスに一新し、賃貸としての貸し出しを行っているというケースもあります。リノベーションによって、住宅に新しい役割が生まれるのです。


リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違い

 

・リフォーム

主に老朽化した建築物を新築の状態まで戻す際に使われます。クロスの張り替えや設備の取り替えなど、古くなったものを新しいものに替えるということに重点を置きます。住まいの改修という意味合いで使われることが多いです。


・リノベーション

元からある建築物に大規模な工事をおこない、性能を新築時よりもよいものに向上させる際に使われる言葉です。性能が上がるため、建築物の価値も高くなるのがリノベーションの特徴です。


言葉の意味の違いは曖昧に思えても、工事の際の規模の大きさや、性能面にはしっかりとした違いがあるのです。リフォーム工事における工事内容には、ユニットバスの入れ替え、壁紙の張り替えなど小さな規模のものが多いです。


しかし、リノベーションの場合は間取りや水道管、排水管、冷暖房設備の変更など大掛かりな作業になります。また、改修後の性能が新築と同等、もしくはそれ以下になる工事はリフォームに分類されています。リノベーションは必ず性能の向上を目指すため、工事する目的に違いがあるのです。


リノベーションのメリット

リノベーションのメリットは、自分の住まいを自由に設計することができる点です。世界に1つしかない自分の理想の家を建てることができます。自分の生活スタイルに合わせた間取りや、設備、好みのデザイン通りに再設計できるのが大きな利点です。


空き家をリノベーションすることで、新築を建てる場合よりも予算が安くすむことがあります。物件により違いはありますが、空き家をリノベーションすることで、新築同然の住まいを、新築を建てるよりも比較的安価に手に入れることが可能です。予算の削減や自由度の高さが、空き家をリノベーションする際の大きなメリットです。


また、リノベーションを前提として物件探しを行うことで、古いマンションや戸建住宅も選択肢の1つとなり、駅の近くや閑静な住宅街などからお好みの物件を探すことができます。


空き家のリノベーション事例

・空き家の一部をリノベーションする

ドアをアンティーク調にすることや、床のタイルをすべて自分のみにデザインすることもできます。キッチンのみをリノベーションし、広く開放的なオープンキッチンにするといった事例もあります。必ずしも住宅全体をリノベーションする必要はなく、一部だけに行うことでも物件の性能は向上します。


・空き家全体をリノベーションする

一戸建ての空き家全体のリノベーションで、空き家の内部に仕切りを設け、2戸のテラスハウスにした事例があります。庭が広く、テラスハウスとしての条件がよい物件だったために行われた施工です。テラスハウスだけでなく、シェアハウスにしたという例もあります。


それぞれの特徴、メリット、デメリットなどを紹介

それぞれの特徴、メリット、デメリットなどを紹介

 

住宅の一部をリノベーションする際、既存の状態での使用に問題がないキッチンやドアなどは、そのまま使うようにすると費用が安価になることがあります。無理やり取り替える必要はないため、一部の部屋や設備を入れ替えるだけでも性能が向上し住みやすくなるでしょう。


空き家全体をリノベーションする場合は、自分で住むだけでなく、他の人への貸し出しもできるようになります。テラスハウスやシェアハウスにすることで家賃の削減を行い、借主をより早く見つけることができます。


リノベーションをする際のデメリットもいくつかあります。


①すぐに住めない

リノベーション物件は、建物調査・設計・施工の作業が引き渡しまでの間に行われます。イメージ通りの物件に仕上げるためには建築士との入念な打ち合わせをするため、一定の時間がかかります。


②想定外の補修費

リノベーションは解体作業から始まります。解体作業時に今まで気付かなかった問題が明らかになることがあるので注意が必要です。排水管に問題があったり柱にヒビが入っていたりすると、追加で補修費を支払うことになります。


③建物の構造によっては行えない工事もある

マンションの場合、上下・隣の住人に迷惑がかかってしまうのが理由で、行えない工事があります。たとえば、柱や外壁などは居住者全員の共有部分のため、無理な取り外しや塗り替えができません。管理規約をきちんと確認したうえで、工事内容を計画しましょう。一戸建ての場合でも、構造体の問題によりすべてが希望通りに進まない場合があるので、建築士としっかりと打ち合わせをしておくことが重要です。


まとめ

リノベーションをすることで、生活をより理想的なものに近付けることが可能になります。住宅を自分好みにアレンジできるので、住まい探しの際に視野に入れると、物件の選択肢も広がります。空き家をリノベーションする際には、メリットや目的をしっかりと考えながらおこなうとより効果的です。自分だけの個性が光る、快適な生活を手に入れましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介
空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択