空き家管理の頻度

2017年02月15日
普段暮らしている自宅なら、毎日目が届きます。しかし空き家になりますと、それは難しいでしょう。特に遠隔地に空き家を保有している場合には、更に足が遠のいてしまいます。しかし全く空き家の管理をしていなければ少しずつ荒れ果てていきますので、時々でも様子を見に行く必要があります。それでは、その頻度はどの程度にすればいいのでしょうか。

・換気をする頻度
空き家は基本的に窓もドアも閉め切っていますので室内には湿気やホコリ等が充満した空気が溜まってしまいます。それを防ぐためには換気をしなければいけません。目安としては、一ヶ月に一度程度は換気しておくようにします。ただし、その空き家の気密性次第では頻度を調整するのも良いでしょう。

・掃除の頻度
全くお掃除していなければ、ホコリが蓄積したり、虫などの死骸が蓄積することになります。そのままでは不衛生ですし、さらなる汚れを生み出す原因にもなりますので、一ヶ月に一度程度はお掃除しておきましょう。

・水道管理の頻度
こちらも一ヶ月に一度程度は見ておく必要がありますが、水道の場合、水を止めるか止めないかという選択肢もあります。水を止めれば水道代の節約に成りますし、水漏れなどを引き起こす心配もありません。しかし封水が切れれば、そこから下水管の悪臭や害虫が逆流してくる事があります。また、水を使おうとしても使えない不便があります。
逆に通水しておけば、封水切れや乾燥による錆の発生も防ぐ事ができます。トイレやお掃除に水を使用する事もできます。ただし水道代がかかりますし、知らないうちに水漏れが発生していることもあります。特に凍結が心配な寒冷地は要注意と言えます。

基本的に、空き家を見に行く頻度としては一ヶ月に一度程度で良さそうです。しかし、一ヶ月だけでも放置された空き家はそれなりに汚れてしまいます。夏になれば猛烈な勢いで雑草も伸びてきますし、運が悪ければ他の人間や動物に荒らされている恐れもあります。このような不安を払拭するのなら、やはり空き家管理サービスを利用するのが一番でしょう。費用が心配だという方は、当サイトよりお見積りをご依頼されてはいかがでしょうか。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介
空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択