空き家を活用する方法

2017年03月21日
親から相続したり、突如決まった転勤等によって、空き家を持て余してしまうという事はあるでしょう。空き家はただその場に建っているだけでも維持費が必要になりますので、何らかの活用をしなければ損になってしまいます。そんな空き家は、どのように利用する方法があるのでしょうか。

・自分で使用する
空き家も自分の家なのですから、自己使用するという方法がまず考えられます。メインの自宅にするという事もあれば、別荘として利用するという方法もあります。また、新たな事業を始める方は事業所として利用するのも良いでしょう。もちろん、その後賃貸経営に利用したり、売却してしまったりといった方向にシフトする事も可能です。

・誰かに貸す
賃貸経営に利用するという方法があります。空き家一軒を丸ごと貸す事もあれば、シェアハウスで貸すという選択肢もあります。基本的には「普通借家契約」を結ぶ事になりますが、もしも今後別の方法で再利用を考えているのでしたら、「定期借家契約」を結ぶことで、再契約を拒否する事も可能になります。
また、事業者に対して貸し出すという方法もあります。

・売却する
使いみちが無いという場合には、思い切って売却し、現金に変えてしまうのも良いでしょう。維持費も不要になります。ただし売却しますと諸費用が発生するため、その資産価値以下の現金しか手に入れる事はできません。

このように、空き家はただ放置していれば、宝の持ち腐れになってしまいます。それを防ぐためには、有効に活用してあげるのが良いでしょう。
ただし、いずれにしても空き家の管理を疎かにしていれば上手く行かなくなってしまいます。空き家がボロボロに老朽化していれば、賃貸しても誰も住みたがらないかもしれませんし、売るにしても買い手が見つからないかもしれません。収入も減ってしまうでしょう。空き家を放置していても良い事はありませんので、使いみちが決まっている方も、そうでない方も、まずは空き家管理をしておくことをおすすめいたします。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介
空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択