特定空家にならないための対策

2017年04月20日
話題になっている特定空家をご存知でしょうか。空家をお持ちでない方には、馴染みのない言葉かもしれませんね。
特定空家を簡単に説明すると、放置することで保安上の問題や、景観を損ねたり、衛生上望ましくない状態になった空家のことです。これに認定されてしまうと、税金の面などでの問題が出てくる可能性があります。管理者としては、出来るだけ指定されないようにしたいですよね。
では、そのためにどのような対策をしたら良いか、その一つをご紹介したいと思います。
特定空家にしないためには、定期的な管理が必要です。家は、4~5年もすれば傷みが目立ち、認定される可能性が高くなってしまいます。もし誰も住んでいなかったり、何年も放置している家をお持ちでしたら注意しましょう。
認定されないためには、逆に言えば特定空家の定義のような状態にしなければいいということでもあります。景観を損ねたり衛生上の問題が出ないように、しっかり管理していくことが大切なのですね。
当サイトでは、お客様にピッタリの管理会社が探せるので、是非ご利用下さい。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介
空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択