売る・貸すまでの管理もお任せを

2017年01月24日
現代の日本において、空き家の処置は重大な問題です。人口に対して世帯数は多く、中には空き家を抱えている方もいらっしゃるでしょう。かつては税金対策として残しておくことも有効でしたが、現代は「空き家対策特別措置法」によってそれが通用しません。しかしいつまでも持て余していれば、維持費はかかりますし、老朽化によって資産価値も低下していきます。上手く処分するためには、空き家の売却、もしくは賃貸が有効でしょう。
空き家を売れば、現金が手に入ります。現金ならば維持費も価値の低下もありませんし、様々な用途に使用することができます。ただし、売却するにも時間や費用がかかりますし、売却額が資産価値を下回れば損になってしまう点は注意が必要です。
賃貸しすれば、長期的に収益を得ることが期待できます。契約前にはクリーニングやリフォームが必要になる場合もありますが、入居者が決まれば、最低限の清掃はお任せすることができます。ただし、すぐに入居者が決まるとは限りませんし、ローンが残っていれば了承を得られない場合もあります。
どちらにしても、すぐに決着が着くものではありません。空き家の有効活用をお考えの方も、まずは空き家管理について考えておいたほうがよろしいでしょう。まずは当サイトより、空き家管理の一家見積もりをお試しになってみてはいかがでしょうか。空き家の適切な管理のためにも、ぜひ、空き家管理業者の力を借りるようにしてください。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介
空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択