名古屋市対応の空き家管理代行業者一覧

丸美産業株式会社
空家には売る、残す、壊すなどの方法がありますが、壊す以外を選択するときには、「管理」が必要になります。自分での管理が難しい場合どこに管理をお願いするかは非常に重要なポイントとなります。丸美産業株式会社は、お客様のご要望に合わせて最適な空き家管理プランを提案してくれる会社です。家の掃除や庭の手入れといった清掃業務から郵便物の整理、破損状況の確認など幅広い業務に対応しているので、柔軟な対応に期待できます。また、これまでの経験から様々なお客様のお悩みを解決してくれる会社で、特定空家への対策、売却に向けての管理などにも対応できる空き家管理のスペシャリストです。長期出張や入院・施設への入居などの長期管理についても、相談に乗ってくれます。

名古屋市が行っている空き家に対する対策と管理の重要性

平成25年10月1日の名古屋市の調査結果では、名古屋市の住宅数が1,274,480戸に対して、居住世帯のない住宅は177,660戸、居住世帯のない住宅のうち空き家は167,730戸でした。住宅数に占める空き家の割合は13.2%です。名古屋市では空き家に対して、平成26年度に空家等に関する対策の実施状況を公開しています。空き家対策は、条例に基づいたもので1つ目は、以下の媒体等で広報・周知に努めました。リーフレットの作成・配布、市広報紙での記事掲載、市広報ラジオ番組での紹介、市公式ウェブサイトへの掲載です。2つ目は、空き家等に関する相談窓口を市役所及び区役所(16区)に設置し、市民の方からのご相談・問合せを受け付けました。 その内容は、管理が不適切な空家等に関する相談・通報が80.3%とほとんどを占めており、7.7%が空家等の所有者等からの相談・問合せと、残りの12%がその他の相談・問合せとなっています。三つ目は、市民の方からの情報提供等により把握した空き家の調査・確認を行い、周辺に危険や悪影響を及ぼしている特定空家の認定をしました。空き家の中で特定空家と認定されたのは28.3%で、平成26年には市民の方から情報提供を受けた空き家736戸中、208戸が特定空き家に指定されています。特定空家の不適切な管理の状態は、保安上の危険が67.3%、衛生上有害が0.9%、景観支障が15.9%、残りがその他となっています。このように、空き家を放置してしまうと犯罪被害に遭う危険性が増したり、害獣が住み着くことも考えられます。特定空家等への対策として、所有者対して適切な管理が成されるように条例に基づく指導の実施をしていますが、実際にしっかり解消したのはわずか19.7%ということで問題と課題は残されています。以上のことより空き家の管理を怠ってしまえば、自分だけではなく近隣の住民にまで迷惑をかけてしまいます。手が付けられなくなるほど放置してしまえば、指導をされても解決できなくなってしまうことが多いです。重要な空き家管理は空き家管理費用比較君で見積りが比較可能です。

お見積り依頼が多いエリア

空き家管理費用比較君では、日本全国さまざまなエリアより空き家管理費用お見積りのご依頼をいただいております。お客様のお住まいの地域の空き家管理費用をご参考ください。

空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択