広島県対応の空き家管理代行業者一覧

便利屋福山
空き家を放置しておくと建物の劣化はもちろんですが、屋内だけでなく屋外も郵便物や庭の雑草などが放置されたままで、プライバシーの観点での問題や周辺住人とのトラブルなどが起きる可能性も。特に庭の雑草を放置しておくと風通しが悪くなってしまうため、庭だけでなく家屋への日当たりも悪くなり屋内でカビが発生したり建物へのダメージも出てきてしまいます。便利屋福山は草刈りや剪定など庭の手入れも得意としているので、空き家の内外あわせてしっかりと管理をしてもらえる会社です。不用品回収、ハウスクリーニング、雨漏りの修理など幅広く要望に対応をしてくれるので、困りごとはなんでも気軽に相談できます。

広島県の空き家件数と特定空家に指定されないための対策

広島県の空き家数は、平成25年で221,300戸に登ります。空き家率では15.9%に達し、計算では6戸に1戸が空き家となっているのが現状です。人口2,860,750人ということを踏まえると比較的多くの空き家が存在していることが分かります。5年の調査ごとに2万戸増加しており、深刻な問題となっております。住宅100戸あたりの空き家数では14.6戸と全国で17位です。格付けとしては中間よりやや上位といったところですが、今後増加するようなら上位に位置してしまう恐れがあります。空き家率としては全国で10位となっております。その背景としては、中古物件の買手がなく売却が困難であることが空き家を増加させている原因として考えられます。それを受け広島県は、増加を阻止するために中期的視点で対策を取っています。空き家対策として市長の相談窓口と対策推進協議会とが連携をして相談窓口を広げています。具体的にはリフォーム、中古住宅流通の促進です。手入れが行われず放置された空き家は、老朽化を早め資産価値を著しく低下させます。景観を損ない近隣への影響があるとみなされた場合は、特定空き家に指定され、場合によっては強制的処置を受けることになります。改善の命令に応じない場合は、行政代執行により建物の解体が行われることとなります。その際の費用と責任は所有者に問われます。老朽化した空き家は、資産価値が低く売却取引も困難になります。解体費用の負担もあり、放置され特定空き家となるケースが増加してます。高額の査定を得るためには定期的に空き家を管理し手入れを行うことが大切です。資産価値を損なわなければ売却相手もスムーズに進み、放置される数も減少すると広島県は考えています。所有者や近隣の方からより多い相談を受け、対策件数を増やすことによって正確な事例を把握しようというものです。それに伴いリフォーム住宅ストックの品質、性能を高め、多様なニーズに対応したリフォームを提供することができる担い手の育成を強化しています。そのために住宅の関連業者同士で情報提供を行い、各種サービスの質を高めています。消費者が相談しやすい環境を作り、リフォーム意欲を高めます。資産価値の低下を防ぐだけではなく、適切に管理することにより犯罪被害を防ぐことも可能です。景観を損なった空き家は、犯罪に利用されることもあります。空き家だけが被害に遭うとは限らず、近隣も巻き込んでしまう可能性があるため、管理は適切に行う必要があります。管理に最適なプランは、当サイトで複数業者から見積もりを比較できるので、検討しやすくなっています。

空き家管理費用比較君の広島県地域における対応エリアについて

  • 広島市中区
  • 広島市東区
  • 広島市南区
  • 広島市西区
  • 広島市安佐南区
  • 広島市安佐北区
  • 広島市安芸区
  • 広島市佐伯区
  • 呉市
  • 竹原市
  • 三原市
  • 尾道市
  • 福山市
  • 府中市
  • 三次市
  • 庄原市
  • 大竹市
  • 東広島市
  • 廿日市市
  • 安芸高田市
  • 江田島市

お見積り依頼が多いエリア

空き家管理費用比較君では、日本全国さまざまなエリアより空き家管理費用お見積りのご依頼をいただいております。お客様のお住まいの地域の空き家管理費用をご参考ください。

空き家管理費用無料一括お見積り

STEP1 都道府県を選択

STEP2 物件種別を選択